ライフワークスは40代、50代のミドル・シニア社員のキャリア自律、女性社員の活躍推進、ワークライフバランス浸透支援など、多様な人材のキャリア研修を通じて企業や組織のダイバーシティを推進します。

ミドル・シニア社員活躍支援研修役割創造®コンセプト
キャリア越境学習プログラム

ミドル・シニア人材の越境による学びとセルフイノベーション

ミドル・シニア人材にセルフ・イノベーションを促す

事業環境が目まぐるしく変化する今日、ビジネスパーソンには新しい発想をしながら自らも変化することが求められることが多くなりました。
しかしながら、ミドル・シニア人材においては、思考、行動、価値観などが固まってしまいがちなため、自らの強みを活かしながら変化に適応していくことが困難な状況といえます。
「キャリア越境学習プログラム」は、アクティブ・ラーニングの手法を取り入れ、ミドル・シニア人材が中小企業やNPO等の団体へのサポート体験を通じて、これまで培ってきた自身の強みをあらためて見直し、変化に適応しながら他者にも貢献するというセルフ・イノベーション、そして役割創造を促します。

効果のイメージ

チームで取り組む社外でのプロジェクト体験において課題解決に取り組む中で、自己の強みの再構築を促します。

【価値再認】スキルの見直し
これまで培ったスキル・ノウハウを社外プロジェクトで展開することで、ポータブルスキル、自身の強みといった価値を再認識する。

【役割適応】リーダーシップ・フォロワーシップ
所属にとらわれないフラットな関係から生まれる、メンバー、リーダー、フォロアーとしての自分の在り方から気づきを得る。

【意識醸成】マインドの変化
課題の設定から問題解決の提案まで、プロジェクトオーナーと密接な関係を持ちながら関わることで、主体的に活動するマインドが生まれる。

こういった自己の再構築の過程を経ることで、職場で新たな価値を提供するような意識が醸成され、行動変容が促されていきます。

スキーム

キャリア越境学習プログラムのスキーム

社員の中から参加対象者を派遣いただきます。当社とこのプログラムの考案者であるナレッジワーカーズインスティテュート株式会社を通して、支援先(企業やNPO団体)をご紹介します。
参加対象者の方は、プロジェクトメンバーとして支援先の課題発見・解決を行います。なお、プロジェクト1回あたり3か月程度(3~5回のご参加)の期間を想定しています。

プロジェクト支援先

プロジェクトの支援先は、企業側の人材育成ニーズに合わせ、ナレッジワーカーズインスティテュート社にてコーディネートします。

テーマ:リアルなビジネスの支援を通じた課題解決

研修についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

お電話でのお問い合わせ

Tel. 03-5777-1400
受付:9:30〜17:30

Webフォームからのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

ページトップ