ライフワークスは40代、50代のミドル・シニア社員のキャリア自律、女性社員の活躍推進、ワークライフバランス浸透支援など、多様な人材のキャリア研修を通じて企業や組織のダイバーシティを推進します。

ワークライフバランス浸透支援研修 ワークライフバランス実践研修

働き方を見直して人生を豊かに!
ワークライフバランスの実践で実現する
自分らしいワークスタイル。

ワークライフバランス実践研修

ワークライフバランスは、社員が健康でいきいきと仕事に取り組み、働きがいのある職場づくりに不可欠な要素です。
自分らしいワークライフバランスを明らかにし、その実現に向けての一歩を支援します。

  • 毎日仕事で帰りが遅く、父親として育児に関わることができない
  • 長時間労働が続いて、 健康が心配
  • 子育てや介護をしながら働き続けられるか不安
  • 社外での学びの機会を作りたい

「ワークライフバランス実践研修」の特長

社員一人ひとりの元気が職場の活力になり、生産性の向上、企業の成長につながります。また、仕事への意欲が喚起され、従業員満足度の向上が期待できます。

  • 中長期的なキャリアの視点を取り入れながら、ワークライフバランスについて考える
  • 受講者の"気づき"を大切に、意識改革、行動変容を促進する
  • 自分の夢や大切にしたいこと(価値観)を見つめ直し、明日からのワークライフバランスを再検討

「ワークライフバランス実践研修」のプログラム内容

1.ワークライフバランスの主体は自分

ワークライフバランスは、年齢、性別、役職、職種などを問わず、すべての人が自分の問題として、主体的に取り組むテーマであることを理解します。

2.長期的キャリアの視点

現在のワークライフバランスを考える一方、長期的キャリアの視点からアプローチして、人生における役割と、ライフステージによる役割の変化を理解します。

3.キーワードを手がかりに価値観を探る

価値観カードを使って、自分が大切にしたいことを見つめ直し、現状を振り返ります。

4.タイムマネジメントのヒントを提供

仕事面、生活面のタイムマネジメントのコツを受講者間で共有したり、講師からタイムマネジメントに関するヒントを提供します。

5.自分らしいワークライフバランスを言葉にする

自分の目指すワークライフバランスを言葉にし、発表することによって、実現に向けて行動する意欲を高めます。

テーマ内容
ワークライフバランスとは ワークライフバランスについて、主体的に取り組んでもらうことを喚起する。
人生や長期的キャリアの視点から、現在のワークライフバランスを考える。
自己紹介/人生の役割 人生の役割について学習し、現状をワークシートに記入する。
自分にとって大切にしたいこと 価値観カードを使って自分が大切にしたいことを明らかにし、 それらに時間をかけているか、現状を振り返る。
私の時間の使い方 日ごろの時間の使い方を振り返り、効率的な仕事の仕方、生活上の工夫について、受講者間で共有する。
明日からのワークライフバランス 自分にとって望ましいワークライフバランスを言葉にする。
全員で受講した感想を共有する。

「ワークライフバランス実践研修」受講者や導入企業の声

  • 時間の使い方や自分の働き方を考えることで、仕事とプライベートで将来のありたい姿を考える機会を提供できた。
  • 自分の時間の使い方の特徴を客観視することができ、他者の話が参考になった。
  • 人によって、ワークライフバランスの姿が違い、自分自身を知ることができた。
  • 自分の時間の使い方を客観視出来て、他のメンバーの話が刺激となった。
  • 時間の使い方、お金の使い方の優先順位の付け方に気づきを得た。
  • 現状を見つめ直すことで、新たな発見もあり、とても有意義だった。
  • 仕事以外の事について他部署の人と話をすることで、自分が考えてもいなかった発想に触れ、とても新鮮な気持ちを持てた。
  • 現在の自分の働き方を見直すきっかけとなった。

研修についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

お電話でのお問い合わせ

Tel. 03-5777-1400
受付:9:30〜17:30

Webフォームからのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

ページトップ