C・Dラボ

特別講演「越境学習とミドル・シニアのキャリア開発 ~キーワードは役割創造~」法政大学 大学院 石山教授 開催報告

2017年5月24日(水)、法政大学大学院石山教授による特別講演を開催しました。
今回の講演では、『越境学習』についての学びを深めるとともに、働く人のキャリア開発への適用の可能性について来場された皆様と考えました。

2017.05.30
お役立ち情報

越境学習、ミドル・シニア人材のキャリア開発

講演では、今日的な「キャリア」についての考え方の概括を通じ、まずは私たちの職業を取り巻く環境は変化し、「雇用が財産」の世の中から「キャリアが財産」の世の中になっていることを理解しました。
越境学習については、その定義、越境という行動、パラレルキャリアという概念を踏まえ、NPOなどによる活動事例などを通して、具体的な内容を学びました。また、背景となる経験学習への理解も深めていき、越境学習のポイントについても先生にご説明いただきました。講演の後半では、ミドル・シニア人材のキャリア開発、そしてミドル・シニア人材の越境学習などについて具体的な事例も踏まえながら議論が進みました。
また、越境学習の在り方の一つとしてのナレッジワーカーズインスティテュート株式会社 代表の塚本氏による『キャリア越境学習プログラム:プロボノ験修』などの紹介も行われました。

テーマ対話(グループワーク)

講演後のグループワークでは、ミドル・シニア人材の越境学習について、意義や可能性について来場された皆さん同士での意見交換が行われました。社内制度として取り入れることへの難しさが意見として挙がりながらも、多くの企業が越境学習を取り入れていくことが世の中に広がれば、ミドル・シニア人材による組織への更なるスキル還元や現役世代への支援につながるのではないか。さらに、ミドル・シニア人材自身のキャリア観の広がりやポータブルスキル認識の強化にもつがっていくだろうという方向性が導き出されました。

役割創造について考えてみませんか

当社では、「役割創造」について皆さんと広く、深く学び続けるために「役割創造プロジェクト」と題したWEBサイトを展開しています。
概要はこちらからご確認ください。


講演録はこちら

本イベント・講演の内容をまとめた講演録を無料にてご提供しております。下記の"お申し込みボタン"よりご請求フォームをご利用ください。

お役立ち情報の一覧へ戻る