C・Dラボ

『ミドル・シニア社員活躍に向けた提言』セミナー開催報告

人生100年、70歳就業時代を迎えようとしている今日、「キャリア時間軸の延長(定年延長・再雇用で企業で働く)」と「企業組織における、ミドル・シニア世代のボリュームゾーン化」という状況が、働く個人はもちろん、それを支える企業の人事にとっても新たな課題となってきています。
当社では、このような喫緊の人事課題について解決策を検討することを通して、わが国企業の発展に寄与できればという想いにご賛同いただいた有識者の方々と研究会を2017年に発足し、議論を重ねてまいりました。本セミナーは、この研究会の成果としてまとめられた「ミドル・シニア社員の活躍に向けた提言」について皆様と対話をするために開催されました。

2018.02.23
お役立ち情報
基調講演 株式会社日本総合研究所 理事兼主席研究員 山田 久 様
「ミドル・シニアが活躍できるために国・企業は何を行うべきか」
有識者による提言
  • 有沢 正人 様(カゴメ株式会社 執行役員 CHO(最高人事責任者))
  • 石川 拓夫 様(株式会社日立インフォメーションアカデミー 取締役社長&学院長)
  • 江上 茂樹 様(サトーホールディングス株式会社 執行役員最高人財責任者(CHRO))
  • 川並 剛 様(株式会社あおぞら銀行 人事部キャリア活用室長)
  • 藤森 健至 様(株式会社三越伊勢丹ホールディングス グループ人財本部人事部部長)
(五十音順)
ファシリテーター 須東 朋広 様(多摩大学大学院客員教授)
日時 2018年2月14日(水)14時~17時
会場 ライフワークスセミナールーム

当日の様子

株式会社日本総合研究所の山田様の基調講演をはじめ、本研究会の有識者の方々による発表を、来場いただいた皆様に聞いて頂きました。また、セミナーの後半では、ご来場者の皆様に研究会メンバーを交えながら、「強いリーダー人材の育成」、「イノベーション人材の育成」、「技能伝承や新たなスキル習得」、「役職定年や再雇用を見据えた活躍領域の創造」といったテーマについて議論をして頂きました。


講演録はこちら

本イベント・講演の内容をまとめた講演録を無料にてご提供しております。下記の"お申し込みボタン"よりご請求フォームをご利用ください。

お役立ち情報の一覧へ戻る