C・Dラボ

人生100年時代の戦略的人事構想会議 第4回『カゴメ・日立・資生堂のジョブ型導入中3社が語る、人材マネジメントの未来と課題』開催報告

あるべき日本型の新しいマネジメントを、企業間で一緒に考え発信していくことを目的に立ち上げた「人生100年時代の戦略的人事構想会議」主催で、2021年1月21日(木)に第4回目となるシンポジウムを開催致しました。

2021.02.24
お役立ち情報

第1部では、ジョブ型雇用を導入または導入中の株式会社カゴメ 有沢 氏、日立製作所 髙本 氏、株式会社資生堂 田中 氏より、各社の人事制度やジョブ型の取り組みについての発表がありました。その後、法政大学 諏訪名誉教授より、グローバル化が進む中でのジョブ型雇用のあり方についてお話しいただきました。

第2部のパネルセッションでは、ジョブ型に関するテーマに沿って発表者が意見交換を行うとともに、視聴者からの質問に回答しました。

本シンポジウムを通して、各企業がジョブ型雇用を活用した人材マネジメントの転換を実現させ、導きたい未来に向けて理解を深めることができました。

講演者紹介

  • カゴメ株式会社 常務執行役員CHO(最高人事責任者)有沢 正人 氏
  • 株式会社日立製作所 人財統括本部シニアエバンジェリスト/システム&サービス人事総務本部ヒューマンキャピタルマネジメント事業推進センタ長 髙本 真樹 氏
  • 株式会社資生堂人事部 組織変革プロジェクト プロジェクトリーダー 田中 順太郎 氏
  • 法政大学 名誉教授 諏訪 康雄 氏

講演録はこちら

本イベント・講演の内容をまとめた講演録を無料にてご提供しております。下記の"お申し込みボタン"よりご請求フォームをご利用ください。

お役立ち情報の一覧へ戻る