ライフワークスは40代、50代のミドル・シニア社員のキャリア自律、女性社員の活躍推進、ワークライフバランス浸透支援など、多様な人材のキャリア研修を通じて企業や組織のダイバーシティを推進します。

無料体験会・セミナー『役職定年前研修~キャリアプロデュース研修~』無料体験会開催報告

2018年8月22日(木)、当社セミナールームにて、「役職定年前研修~キャリアプロデュース研修~」無料体験会を開催しました。サービスリリース後初の今回の体験会は竹澤トレーナーが担当しました。

概要

report_180822_01.jpg

今日、大手企業を中心に、役職定年制度が導入されており、多くの人がこの転機に直面します。そして、この転機によってモチベーションが下がるということが様々なところから報告されており、その原因としては「処遇の変化」、「給与の変化」、「周囲との関係性の変化」等といったものが挙げられます。いうまでもなくこういった変化は制度として既に決まっているもの。モチベーションの低下は、本人がきちんと制度を理解していないことや、制度とは裏腹に「自分だけは大丈夫」と信じていること等により起きるようです。
一方で、こういった変化にありながら、「まだまだ活躍したい」、「引き続き組織に貢献したい」と多くのミドル・シニア人材は考えていることは事実です。今回ご紹介したプログラムはこういった意欲を支援し、役職定年後も組織で活躍できるようなキャリア意識を醸成するような内容で、通常7時間強で行う構成となっています。

当日の様子

report_180822_02.jpg

プログラムの最初のセッションでは、役職定年を少しだけ自分のこととして引き付けることができるよう、ケースワークなどを行いました。次に、ケースを通じて見えてきた役職定年という状況に対して、自信の価値観はどのように関係するのかを理解します。加えて、自信の強みや持ち味を理解し、それを具体的にイメージできる役職定年後の自身の在り方と結びつけるセッションに進みます。次第に明らかにしてきた役職定年後の自分のイメージの実現に向けたヒントや心構えを学び、最後にイメージを書き出し可視化していくことで、役職定年後の在り方に向かうキャリア意識を醸成していきます。体験会にご参加頂いた皆様には、これらのプログラムの一部を本日体験頂きました。

参加者の声

  • 自社で役職定年制度を入れたばかり。今回のような研修で、意識をしっかり持ってもらうこともできそうだと感じた。
  • 役定者のモチベーション低下に課題を感じている。役定になる前の段階で意識付けすることも1つの方法だとわかった。

担当トレーナー

竹澤 茂トレーナーである私自身、「変化を楽しむ生き生きした存在」であることを念頭に、皆さんに接していこうと思っています。

研修についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

お電話でのお問い合わせ

Tel. 03-5777-1400
受付:9:30〜17:30

Webフォームからのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

ページトップ