キャリア開発 仕組・体制構築支援サービス

キャリア意識調査

調査(サーベイ)の対象となる企業や社員(従業員)のキャリア形成上の課題を診断するサービスです。具体的には、社員のキャリアに関するアンケートによって、自己理解の度合い、キャリア意識や仕事の満足度だけではなく、職場の風土やライフイベント、職場での人間関係といった要因も含めて、対象のキャリア形成のための課題を浮き彫りにしていきます。

課題が明らかになることを通して、人事・教育の担当者が、どのようなキャリア開発研修の実施やキャリア開発支援のための仕組みづくりをといった対策を手掛ければよいのか、社員のキャリア形成のために何から手をつけていけばよいのか、現在の施策をどのように改善していけばよいのかということ検討するための支援をします。

働き方がますます多様になってきた今日では、社員それぞれがどのような価値観で仕事をし、どのようなことによってモチベーションが上がるのか、あるいは達成感を得るのか、どのようなキャリア形成の課題を感じているのかといったことを把握することが難しくなってきているといえます。このような環境の中で、社員一人ひとりの働きがいの実現や人材の活性化、職場の人間関係の改善や組織力の向上を図るための人事戦略や施策を検討する一つの方法として、調査を行うことも有効といえます。

なお、調査には、当社の知見と、筑波大学大学院人間総合科学研究科 生涯発達専攻長 岡田昌毅教授の協力による学術的な知識とを掛け合わせた指標、質問項目が用いられます。

キャリア意識調査が対応する課題

  • 組織のキャリア開発上の課題を把握したい
  • 数ある課題のどれから手を付けてよいのかを明らかにしたい
  • 世代、部門、職種、役職毎の社員のキャリア形成上の課題を明らかにしたい
  • 既存の施策がうまくいかない原因を診断し、新しい施策を検討したい

キャリア意識調査の方向性

  • サンプリングした社員にアンケート調査を行い、施策を検討する
  • 研修受講者を対象として、アンケート調査を行う
  • 従業員満足度調査(ES調査)の実施に合わせて社員のキャリア意識を診断する
施策例

キャリア意識調査の結果を基に対象と狙いを策定し、キャリア研修を企画・実施

背景

社員が世代ごとにどのようなキャリア意識を持っているのか全体像を把握する必要があった。また把握した全体像を基に、どの世代から優先的に研修を導入するか検討する必要があった。

施策

各世代の社員にアンケート調査を実施し、それぞれに特徴的なキャリア形成の課題を抽出した。特に同世代でも40代の非管理職にキャリアの停滞を感じる人が多いことが明らかになったため、この世代を対象にキャリア自律意識を高めるための研修を企画、実施した。

成果

専門性を発揮したキャリア形成の仕方や先にある目標が明確になり、受講者の中には仕事に対する姿勢に変化が見られる人もいた。また、同様のキャリア停滞の傾向は、役職定年後の一部の社員にもあらわれていため、このセグメントを今後支援する施策を検討するヒントが得られた。

仕組み・体制づくりを支援するコンサルタント

関連情報