キャリア開発研修

30代のキャリア研修

30代のキャリア形成の主なテーマは、企業・組織の中の役割や期待に主体的に対応するようになることと、それまでに培った専門性を組織の中で発揮することにあるといえます。

30代前半は、これまで身に着けた専門性を自ら認識し、言語化することで自分らしい強みを明確にし、その後に繋がるキャリアデザインをする事が重要になります。

30代後半は、仕事における役割が変化し責任の範囲が拡大したり、時にはリーダーシップを発揮する事が求められる場面も増えてきます。また家庭を持つ場合には、家族の一員としての役割も増します。これらに対峙する多忙な生活の中でも、自身の仕事観やキャリアの展望を見失わず意識し続けることが重要だといえます。

総じていえば、30代は自らの仕事の価値観(Will)、自身が培った専門性(Can)、組織の期待(Must)を統合するかたちで、将来的なマネジメントの役割も視野に入れつつ、自らのキャリアの可能性を追求するための自律的なキャリア意識、キャリアのビジョンを持つことが強く求められ始める時期だということもできます。

30代のキャリアの課題

  • 自分らしさ(才能・動機・価値観)を明確にし、キャリア形成の計画を立てる
  • リーダーシップを発揮し、組織の中核を担う人材となるための経験を積む
  • 自らの仕事観や専門性と組織の期待を統合しキャリア自律を図る

30代のキャリア開発の方向性

  • これまでのキャリアの内省、言語化などにより自身のキャリア観を明確にする
  • 他者や組織の期待を認識し、自身の役割を定義・再定義する
  • 組織や家族の中での役割を意識しつつ、仕事の意義と自分らしい働き方を検討する
施策例

個人と組織がともに成長するキャリア開発の方向性を明確化し、自律的キャリア意識を醸成

背景

役割が拡大した30代半ばから後半の社員のパフォーマンス低下が懸念された。
一部の社員が新たな環境を求めて転職してしまう傾向がみられた。

施策

自身の大切にする仕事の価値観の再認、これまでのキャリアの振り返りによる今後の成長につながる経験や能力・スキルの理解、今後想定される環境変化の中で、組織の中で自らが担う役割の明確化をカードソート、ライフラインチャートなどを用いた個人ワーク、グループワークなどを含むプログラムでキャリア研修を行った。

成果

自身の仕事観、組織で働くことの意義や成し遂げたいことが明確になり、将来にわたり組織で活躍するキャリアのイメージが形成された。具体的な行動計画の立案につながった。

関連情報