ライフワークスは40代、50代のミドル・シニア社員のキャリア自律、女性社員の活躍推進、ワークライフバランス浸透支援など、多様な人材のキャリア研修を通じて企業や組織のダイバーシティを推進します。

無料体験会・セミナー定年再雇用前研修~キャリア リ・デザイン研修~ 7/12(水) 東京

seminar_170712_01.jpg

益々増える再雇用希望者と人事の課題

労働力不足という社会課題の下、2013年に改定された「高年齢者雇用安定法」により60歳以上の従業員の再雇用が義務付けられました。厚生労働省「平成28年 就業条件総合調査」によれば、日本企業の約75.6%が60歳定年制を設けているとされます。また、同省の労働人口調査では、2017年2月現在で45~55歳の働き手は約1500万とされ、労働力人口の約23%を占めています。

2025年には希望者すべてを再雇用という時代を目前にして、この年齢層の従業員が働く大手企業を中心に、再雇用に関する様々な課題が見えてきました。そして、そのほとんどが、次のような企業と個人とのギャップとなってあらわれています。

seminar_170712_02.jpg

こういったギャップは再雇用希望者の増加とともに今後ますます広がることが懸念され、いずれ限界が来る可能性もあります。

*調査対象企業の95.4%が定年制を定めており、その中でも定年を「一律に定めている」企業の割合は98.2%。その内約80.7%が定年を60歳としていることによる。

延長という意識を変える

「何となく選択して」「それ程想像と違う事もないだろう」
曖昧な意識で再雇用を選び、思わぬ結果に直面してモチベーションが低下すれば、シニア人材のパフォーマンスの低下に。
ライフワークスでは、こういった事態を未然に防ぐために「シニアのキャリア自律」が重要だと考えています。そのために、重要なのは本人たちが持っている‟延長"という意識を変えるための支援をすること。そして、再雇用を「自分たちが新しく考えるキャリアの出発点だ」というように前向きに捉え、さらに主体的に選択するようになること。そうすれば、再雇用後のシニア人材は次の節目まで活躍できると考えています。
シニア人材が定年後が働きがいをもって活き活きとしている。持続性のある企業作りを目指しませんか。

無料体験会概要
日程2017年07月12日(水)13:00~17:00(受付開始12:40)
会場

虎ノ門36森ビル 10F  弊社セミナールーム

東京都港区虎ノ門3-4-7          アクセスマップはコチラ

東京メトロ日比谷線「神谷町」駅  徒歩4分
東京メトロ銀座線  「虎ノ門」駅  徒歩6分

対象

人事・研修のご担当者様
※同業の方、個人でコンサルを営む方等のお申込み・ご参加はお断りしております。

プログラム

・シニア人材自らを取り巻く現状を知る
・人生の選択の上での価値観を知る
・定年後の職業人生を考える

参加費無料
定員24名(1社につき2名迄とさせていただきます)

このイベントの受付は終了しました。

研修についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

お電話でのお問い合わせ

Tel. 03-5777-1400
受付:9:30〜17:30

Webフォームからのお問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

ページトップ