体験会・セミナー
受付終了

【第四回 シンポジウム】人生100年時代の戦略的人事構想会議

【第四回 シンポジウム】人生100年時代の戦略的人事構想会議

"ジョブ型人事"から見る人材マネジメントの未来と課題
- カゴメ・資生堂・日立が語る-

コロナ禍により、リモートワークやセルフマネジメントが広がり、働き方や採用手法の変革に取り組む企業も急増しています。長らく議論されてきた「ジョブ型雇用」を今年導入する上場企業も現れ始めています。

しかし、ジョブ型雇用が日本の文化にはマッチしないのでは、といった懸念の声が上がっているのも事実です。

本イベントでは、実際にジョブ型雇用を導入または導入中のカゴメ、日立製作所、資生堂の3社の人事パーソンと雇用政策の泰斗である法政大学の諏訪名誉教授をお迎えし、ジョブ型雇用によって実現しようとしている未来の人材マネジメントの姿と課題について伺います。

セミナー概要

日程2021年1月21日(木)13:30~17:00(13:20~入室可能)
会場Zoom(ウェビナー)での開催
対象

企業の経営者、人事
※同業の方、個人でコンサルを営む方等のお申込み・ご参加はお断りしております。

プログラム

●ゲストによる講演
・有沢 正人(カゴメ株式会社 常務執行役員CHO(最高人事責任者))
・髙本真樹(株式会社日立製作所 人財統括本部シニアエバンジェリスト兼システム&サービス人事総務本部ヒューマンキャピタルマネジメント事業推進センタ長)
・田中 順太郎(株式会社資生堂人事部 組織変革プロジェクト プロジェクトリーダー)
・諏訪 康雄(法政大学 名誉教授)

●パネルセッション、提言

参加費無料
定員300名 ※定員に達した場合は抽選を行います。

外部サイトからのお申込みとなります。

このイベントの受付は終了しました。

戦略的人事構想会議とは?

ティール組織やホラクラシー組織が話題になる中、従来型の組織と個人のありようからの脱皮を図り、組織で働く人々のパートナーシップによって、その能力を総動員するための仕組づくりが、人事担当者に求められています。

そのような中で、「VUCAの時代&人生100年時代において、ポスト日本型人材マネジメントのあるべき人事戦略構想を模索し、創り続け、発信する」事を提供価値として、「戦略的人事構想会議」の開催に至りました。パートナー企業と合同だからこその幅広い観点(キャリア開発、人事制度、越境支援)で、開催・発信して参ります。


体験会・セミナーの一覧に戻る